不眠症を改善!寝る前にできる簡単ストレッチを紹介【不調改善のプロが解説】

更年期になってきて眠りが浅くなってきたなぁー。

明日も仕事なのに全然寝つけない・・・。

サプリも試してみたけど眠れない・・・。

今回の内容は、このような不安を抱えている方に向けた解説となります!

昔のように熟睡したい方、もしかしたらそれ、今回解説する対策を実践すれば、ぐっすり熟睡できるかもしれません!

自分がなぜ、眠れなくなってしまったのか?原因を知りたい方はぜひ、今回の内容をご確認ください!

目次

その前に、現状をチェックしましょう!

以下の内容に当てはまっていませんか?

  • 頭は疲れているが、運動不足なので身体が疲れていない
  • 交感神経優位でリラックスできない
  • 夜間低血糖症

上記に当てはまっていると、若い頃からの体質が関係していることがあります!

実は、睡眠の質には個性があります。

更年期だから眠りが浅いということはあまりなく、元々若い頃からの体質であることが多いのです!

不眠症を改善せずに放置していると、、、

  • 仕事で集中力が低下し、ミスが増える
  • 体調をさらに崩しやすくなる
  • 病気のリスクが上がる

寝たいのに寝れない、、、。

この負のスパイラルから脱出したい!

そんな改善の為に何をすればいいのか知りたい方に、対策を解説します!

熟睡する為に!不眠症の改善に必要な2つの対策

その1:生活習慣の見直し

日頃の生活でストレスフルになっていないか、あとは昼寝をし過ぎていないかなど、生活習慣を見直してみましょう。

頭がモヤモヤしたり、考えすぎて疲れてしまう時は瞑想をするのもオススメ!
今の自分にだけ自然と意識が向いて、不安が解消されたり、心が穏やかになれますよ(^^)

その2:運動習慣をつける

普段運動をしていない人は、身体が疲れていなくて、眠りがという場合もあるので、運動習慣をつけましょう!

筋肉を使って、睡眠の質を高めることが大切です!

まずは、軽いストレッチから始めてみて!

2分で寝落ちする?筋弛緩法(きんしかんほう)をご紹介!

筋弛緩法のポイント
  • 身体全体を緊張させる
  • 10秒キープさせる
  • 一気に力を抜く

これを、3セット行いましょう!

まとめ

今回は、不眠に悩む方がぐっすり眠れるようになる方法をご紹介しました!

まとめると、以下が原因・対処法・セルフケアでしたね!

原因・運動不足
・リラックスできない
・夜間低血糖症
対処法・生活習慣の見直し
・運動習慣をつける
・自律神経を整える筋弛緩法(きんしかんほう)を行う
セルフケア・寝る前に筋弛緩法(きんしかんほう)を3セット行う

まずは無料メール動画講座にご登録ください!

サポートをご検討されている方は、まずは無料動画講座がありますので、こちらにご登録ください。

自分にあったセルフケアで尿漏れ予防がマスターできる全9回の動画講座をお送りいたします。

詳しくは以下のページをご覧になってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40歳で出会ったストレッチやひめトレを続けると、気がつけば、肩こりなどの不調や尿もれが治っていました!

同時に姿勢が改善されバストアップ、いつもむくんでいた脚もむくまなくなりました。

自分で自分を治すというセルフケアの素晴らしさ、大切さを多くの人に届けるために、5年間で1000人以上のボディケアから生まれた「心×体のセルフケアメソッド」を編み出したのです。

一度習得すれば一生使えるセルフケアの方法を習得された卒業生の方は、自分の身体のメンテナンスができるようになり皆様、「安心」を
手に入れられ喜んでおられます。

目次